ドイツ語 速習法

ドイツ語を短期間で覚えたい



ハイデルベルク カール・テオドール橋


ドイツ語を短期間で覚えたい

ドイツ語を最もはやくマスターできる方法は?

ドイツ語は趣味とかで興味を持ってはじめる場合、ドイツ語の入門書とかで学習を開始しますよね。
そういう人達はたぶん、ドイツ語独特の綴りや響きを楽しみながら、またその雰囲気を味わいながら勉強しますよね。
だからそうした人達にはドイツ語の学習を存分に楽しみながらじっくりと進めて行けば良いと思います。

または大学の第二外国語で選択して学習している人もいると思います。
この場合も第二外国語で選択したからには何かドイツ語に魅力を感じたからだとおもいますので、
同じように楽しんでいただければと思いますが、試験などが迫ってくると若干様相は変わってはきます。
大学生の場合はちょっと厳しい状況の人も多いかもしれませんね。


ドイツ語の速習法はこれ

さて、ドイツ語を早急になんとかしなければならない人はどうでしょうか?

必要に迫られて、ドイツ語を急に覚えなければならなくなった。

そんな人達にとっては、ドイツ語を楽しみながらなどと、悠長なことを言っているわけにはいきません。
どうでも良いから、実用的なドイツ語をとにかくできるだけ詰め込んで現地に赴きたい...


そんな場合には、このドイツ語の速習法の教材が大きな力となってくれると思います。

『革新的ドイツ語攻略法』は中学一年生程度のうろ覚えの英語の知識を活かして、
効率的にドイツ語に置き換えるという学習方式をとっています。


英語ならまだ何とかなる、そんな人がほとんどだと思いますが、
そんな人にはに正に持って来いの教材です。

英語に自信がなくてもほとんど関係ありません。


ドイツ語と英語の共通点、似通った点はたくさんあります。
もともと同じ言語ですが、長い年月をかけて独自の変遷をたどっているので、
共通点からアプローチするということもなかなか難しいのです。

特に英語とドイツ語は名詞が大きく異なります。
英語は現在に至る進化の過程で、フランス語から多くの名詞を取り入れています。

これは日本語の単語で音読みの名詞はほとんど中国からの外来語であるのと似ていて、
ドイツ語の名詞は日本語でいうとほとんど訓読み的なものでできています。

何言ってるの? 

チョットわかりづらいかも知れませんが、

ドイツ語は頑なに伝統的な単語を使い続けている傾向がありますので、
英語と違い、ドイツ語は名詞を知っていれば、動詞や、形容詞が類推で大体わかってしまうという特性があります。

そうした特性をも採り入れ効率的にドイツ語の速習法として開発したのがこの教材なのです。
この学習法だと、英語から変換できる単語はすべて短時間で覚えられます。

中学一年生レベルの英語で、10倍速でドイツ語を覚えることのできる
革新的なドイツ語の攻略法



※当サイトより『革新的ドイツ語攻略法』を注文された場合、
特典として「初級ドイツ語なんでもメールサポート」初級ドイツ語でつまずいたらメールサポートが付きます。
あなたのドイツ語学習を加速させるために本気のメールサポートです。
カバーできる学習レベルはドイツ語検定3級、大学入試センター試験程度を目安としてください。



ドイツ語をなるべく早く覚えたい



ハイデルべルク


ドイツ語をなるべく早く覚えたい!

ドイツ語の単語が長すぎて、覚えづらい!

できるだけ簡単に、なるべく時間をかけずにドイツ語を学びたい!



こういう人達も多いと思います。


ドイツ語には日本語の四文字熟語のようなものも多いように思います。

Umweldfreundlichkeit のように長い単語も

Um + Welt + freundlich + keit のような構成になっていて音節ごとに分けてみると覚えやすくなります。

Um(周囲を表す接頭語) Welt(世界)でUmwelt(環境)

freundlich(友好的な) keit(名詞を作る接尾辞) で Freundlichkeit(友好)


Umweltfreundlichkeitで 環境にやさしいこと となります。


一般的な独和辞典には Umweltfreundlichkeitのように載っていない造語がドイツ語には多いのが特徴です。

ただ慣れてくると、このような造語的使い方が非常に便利だと感じるようになります。


ちなみに Freundは英語では friendですね、 freundlich は friendly となります。


さらに例をあげるなら Friendship は Freundschaft になります。

Freundlichkeitを英語にするとfriedlinessになりますがあまり使いませんね、


でもドイツ語では形容詞に + keit で名詞化してしまうことは普通にあります。


こうした単語には法則性があってないようなので、あまり深く考えずに、数をこなして慣れていくのが一番なのです。


ドイツ語をなるべく早く、できるだけ早く覚えるには、厳選された使用頻度の高い単語や例文から徐々にドイツ語に慣れてゆく方法が一番だと思います。


慣れてくればすぐに 環境保護のような単語も、環境(名詞)+保護(名詞)をくっつければできてしまいます。 Umweld・schutz

英語のように ecology とか enviromental protection のようにわざわざ別の単語や、形容詞を使わなくてもよいのがドイツ語の特徴です。

ちょうど日本語の四文字熟語のようですね。



ドイツ語に早く慣れるという意味では、中学1年生程度の英語の知識で、直ちにドイツ語の単語を20分間で100語覚えてしまえる学習法など、驚きの勉強法を組み合わせて、難しいドイツ語を簡単に覚えられるという裏技的ドイツ語学習法が役に立ちます。

ドイツ語の10倍速学習法 革新的なドイツ語の攻略法


※こちらのサイトより『革新的ドイツ語攻略法』を注文された場合、特典として「初級ドイツ語なんでもメールサポート」がついてきます。初級ドイツ語でつまずづかないようにメールサポートを受けられます。あなたのドイツ語学習を加速させるために本気のメールサポートです。
サポートの学習レベルの目安はドイツ語検定3級、大学入試センター試験程度までとさせてください。

 

サイトマップ